人気ブログランキング |

<   2015年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

年末年始と網膜剥離と

年末年始におおごとになりそうな病気をかかえていると不安なもんです

救急で病院が受け入れてくれるのかしら?

とか

医者が正月休みで居なくて手当が間に合わなかったら?

とか

不安に思ってしまうと大変です

今月中頃に急に左目の中に大きな半透明な糸くずが見えたのね

あれれ?

これってなんかヤバくね?

いや〜な予感がしたのね

こういう予感って当たるのよね、きこちゃん

次の日、不安だったから眼科へ

なんでもなければ安心だから

でも、眼科の先生は大きな病院へ行きなさいって

病院へ自ら電話かけてくれて

急ぎ行けって

やっぱヤバいのね?

タクシーで急いで行ったよ

散瞳して目の中診てもらった

網膜裂孔(硝子体が網膜に癒着して、引っ張ることによって網膜にあながあくこと)が出来てて、その周りの網膜が少し浮いている状態

いわゆる網膜剥離の初期状態

先生:ささ、急いでレーザー手術しましょ

きこ:え?今からですか?

先生:もちろん♪

このレーザー手術が始まる前に先生が言うのよ

絶対に頭と目を動かすなってね

絶対動かすなって難しくね?

そんな高度なことをおっしゃいましても

まだ心の準備がああ〜!

…あっという間の出来事でした

黄色い光がぴか〜!ぴか〜!って

裂孔の周りを二重にレーザーで留めていただきました

ほとんど痛みはありませんでしたよ

たまーに、うぐ?って感じる程度

あ、夜、後頭部のあたりがなんとなく痛かったけど

レーザーで脳が焼かれた?(違うね)

しかしこれでもう安心という訳ではないようでして

硝子体の癒着による引っ張りが強ければ

せっかく留めたレーザーのところが無情にも剥がれてしまう

そうすれば網膜剥離がひどくなり、大手術となる訳だ

それだけは避けたいんだけどなあ

レーザー二日後の状態は今一だった

先生:手術しましょか年内に

先生:年末年始にかかるしね

手術は避けられないのかなあと覚悟したよ

レーザー一週間後

先生:んー、どうしよう

   大丈夫なような気もするし

   んー、どうしよう

せんせ、しばらく悩まれてました

なんともびみょーな状態だったんだろうなあ

結局年内の手術は無しとなりました

来年早々病院で診てもらうことに

さて、どうなっていますことやら

うん、目の不安は大きいよぉ

ほんと怖いんだよぉ


by kikochan269 | 2015-12-27 18:46 | きこちゃん | Comments(0)

きこちゃん、気づく

きこちゃんです

あのね、実はね

きこちゃん、もともと人のことってあんまり信じられないみたい

一人っ子だからだと思っていたんだけどね

そうじゃないみたい

人が信じられないから

不安で

相方や子どもを縛ろうとしてしまうのかな

人が信じられないから

不安で

自分のことも信じてないから

不安で

ん?

もしかしたら…

自分のこと本当は愛してないのかも

…てことに、きこちゃん気づく

それって悲しいことだよね

それってちょっとどうよ?って感じだよね

きこちゃんのお母ちゃん

今思うと引きこもりだったような感じがする

他人が家に来ることなかったし

いっつも一人で家に居たし

子どもだったからきこちゃんが気づかなかっただけかもしれないけどね

あんまし人との付き合いがなかった人だったように思う

きこちゃんのお母ちゃん

怖かったんだおー

怒るとご飯抜きで口をきいてもらえなくなる

悲しくてね

悲しくてね

小さい頃の体験が、今の きこちゃんの素となってるんだろうな

人を信じていない

自分を信じていない

自分を愛していない

自分を愛せない

じゃあさあ

自分を愛してあげようよ

愛してあげればいいんだよ

自分って可愛いじゃん?

一番に自分が自分を愛してあげないとね

きこちゃんが可哀想じゃんね?

今、自分を愛してあげよう運動中

きっと出来るよ

自分を愛して

家族を愛して

他の人を愛して

いっぱいの愛を溢れさせてみたいよ〜


by kikochan269 | 2015-12-19 18:36 | きこちゃん | Comments(0)

大学病院とクリニックの差

今日ね、きこちゃん、お薬をもらいに行ったの。

きこちゃんね、甲状腺という臓器がガンになっちゃったから10年前に取っちゃったの。

だからね、甲状腺が無いから甲状腺ホルモンが作れない身体なのね。

でね、甲状腺ホルモンって無いと生きていけないから

薬で補うの。

前置きが長くなってしまいましたが。。。

その甲状腺手術したJ大学病院で甲状腺ホルモンの薬を処方してもらっていたんだけど

遠いし予約方法がめんどっちくなっちゃって毎回トラブるから

近くのTクリニックに行って「処方してくれる?」って聞いたの。

そしたら「いいよ」って言ってくれたので

今日、処方してもらいに行ったのね。

J大学病院では一日3錠処方されてたの。

ちゃんと血液検査して適量を考えてくれて処方されてたのよ。

それがきこちゃんの生命維持にちょうどいい量だって決まったから。

でね、今日Tクリニックに行ったらささっと処方箋書いて渡してくれたのね。

ちゃんとその場で確認しなかったきこちゃんが悪いんだろうけど

薬局で確認してみたら一日1錠しか処方されてなかったの。

足んないじゃ〜ん!

ぜんっぜん足んないじゃ〜ん!

でね、とりあえず薬局の人がTクリニックの先生にかけあってくれて一日3錠処方してもらったんだけどね。

先生文句たらたらでね。「一日2錠までが普通で、3錠は多すぎる!」って。

でも薬局の人は「一日8錠までOKの薬なんだけどねぇ。。。」と。

でしょ〜?って言いながらとりあえず処方してもらって帰ってきました。

もう行きたくないよ、このクリニック。ほほえみうんちゃら。

危なくて。

オレ様的先生だったしね。

「自分はいろいろと広い範囲で勉強して知っているから。。。」とか言ってたのが

ひっかかったしね。

なんだかなぁ。

個人病院って良い先生もいるんだけど。。。難しいなぁ。

J大学病院にてちゃんとした近くの個人病院への紹介状書いてもらってこようかな。

う〜ん、普通逆だとは思うけど。。。


by kikochan269 | 2015-12-15 18:35 | きこちゃん | Comments(0)

うつ状態の「まぁちゃん」と引きこもりの「あっちゃん」と、たまに揺らぐ「のんちゃん」のお話です


by kikochan269
プロフィールを見る
更新通知を受け取る